事業承継編

私の会社は製造業で自社所有の土地に本社及び工場を持っております。売上高は年商12億円、経常利益は5,000万円、資本金は3,000万円(株主構成は100%社長所有)総資産は簿価10億円、時価で22億円(土地の含み益が簿価の4倍の12億円ありますが、本社・工場を売却することは出来ません)従業員は40人で配当率は30%です。

なお、100%子会社があり、年商5億円で従業員は11人おりますが収支トントンでほとんど利益計上は出来ておりません。
その他の財産としては自宅の土地評価額で9,000万円、建物1,000万円、現・預金が3,000万円あります。妻も1,000万円の定期預金を持っています。

家族構成は妻、長男、次男(長男、次男は既婚で各々2人の子供がいる)

(1)私が亡くなった場合の相続税は概算いくらか

(2)長男に後を継がせたいのだが事業承継を円滑にするにはどうするべきか、教えてください。

対象会社 (単位:万円)
土地 30,000 負債 85,000
その他 70,000 資本金 3,000
    利益剰余金 12,000
100,000 100,000
子会社 (単位:万円)
資産 6,000 負債 5,000
    資本 1,000
6,000 6,000

解答

(1)自宅土地につき小規模宅地の規定を適用後、単純に評価すると自社株は約4億6,300万円となり資産総額5億2,100万円、基礎控除(8,000万円)後の課税対象財産は4億4,100万円となります。相続税は妻が1/2相続すれば第一次相続で5,400万円、第二次を合わせると1億円前後になります。
その上第一次相続で自社株を100%長男が取得するのには、長男は1億1,000万円強の相続税を納めねばならず、資金負担が大変となります。

(2)最終的には本社の土地建物を売却すれば、相続税を支払後十分資金は残りますが、会社の本拠を失うことになり、出来得れば売却を避けたい。そこで自社のみで出来るいくつかの対策をほどこしたところ。
自社株は1株1,523円約9,140万円に、課税価格は5,940万円に減少しました。  
相続税は345万円になり、贈与税を合算しても375万円ですみます。もし長男が自社株を全部相続しても485万円ですみ、これなら納税は可能です。  
なお、対策の内容については別個に御質問下さい。

↑PAGETOP