経営計画

経営計画とは

「経営計画」とは、社長の考えている将来に対する展望、ヴィジョンを明確に数値化することです。
経営計画はさながら荒海に航海する際の羅針盤といえるでしょう。即ち、激変する経済社会にあって会社を維持発展させていくためには、ただヤミクモに働いて行けばよいというものではありません。
経営者の創業精神等の企業風土、精神の拠り所たる経営理念を実現し、存続・発展して行く為には、目安ないし具体的な目標が必要となります。

経営計画立案のステップ

(1)社長が「目標」を示す

社長が経営理念、経営目標を示し、中期のヴィジョンを明らかにする。5年後の望ましい数値を提示。

(2)中期計画の作成

上記を受け各部署で5年後から4年後、3年後、2年後とおりて来て1年後の計画を立てます。

(3)月次経営計画

初年度の計画は更に月次に落としていき、12か月分の月次計画(=月次予算)を作成します。
この計画は現実に現在からの計画ですので望ましいとか、こうしたいとか机上の計画から実現可能な計画に調整する必要があります。

(4)毎月次の検討会

単に計画書を作りっ放しでは、ほとんど半分以下の効果しかありません。
計画はあくまで未来予測に基づいた予定であるので、実績との比較をし、その差異を分析し、原因究明して今後の改善に結びつけなくてはなりません。
即ちPlan → Do → Seeの経営サイクルの繰返しにより、遂次計画を修正し、修正後の計画の実現を図って行く必要があります。5年後、果して当初絵に描いた計画通りになったかどうかは、必ずしも保証の限りではありません。経済情勢は5年もたてば大幅に変わっているハズです。世の中も変わるし、人間も変わる。従って目標も或る程度変わることは止むを得ません。
作成の為の第一となるのは ①必要最小限の利益 ②資金(Cash Flow)③自己資本 です。

経営計画の留意点

(1)経営計画は全員参加型に

社長が経営理念、経営目標を示し、中期のヴィジョンを明らかにする。5年後の望ましい数値を提示。

(2)社長の宣言

それはまず社長が経営計画の作成と実現の大号令をかけ、目標実現の宣言をする必要があります。

(3)計画発表会

そして、実績が出たらその分析結果と改善策、さらにその後の状況等を経営計画発表会で発表し検討すべきです。

過去会計と未来会計

企業活動の実態は結果的に会計伝票に移され、コンピュータ処理され総勘定元帳、試算表、決算書に至ります。
このように企業会計は企業業績を決算書に表現し、これを分析したり、これにより税金を支払ったりしていました。いわば過去の実績についての会計(過去会計)を専ら扱っておりました。しかし、今後は未来の予測値を策定し、それと実績を比較することにより更に未来に役立てるという、いわば「未来会計」の領域にサポートの範囲を広げて行くべきであり、弊事務所もこの経営計画立案から結果のフォローアップまでのサービス分野に日夜努力しております。

個別事業計画の立案

企業には設備投資または新規事業開始等の個別事業計画が必要になる場合があります。損益計算書の計画案は比較的簡単に作成できますが、当該設備投資後又は新事業開始後の財産状態、資金繰り状況等の予測は必須事項であり、単に予想損益のみの「儲かりそう」だけでは極めて危険です。
特に資金繰りを確実に見通せない計画はヤメルべきで、そういった判断材料の作成、提供もしております。

↑PAGETOP